FIA、マクラーレンF1のメルセデスへのF1エンジン変更を監視
マクラーレンF1チームは、2021年にルノーからメルセデスにF1エンジンに変更する際にどのような監視を受けるかについてFIA(国際自動車連盟)と合意した。

F1チームは、2021年に予定していた技術規則の導入を1年延期し、コスト削減策として2021年も現行シャシーを引き続き使用することに合意している。しかし、マクラーレンはすでに2021年にルノーからメルセデスのF1エンジンに変更する契約を結んでいる。

したがって、マクラーレンは、新しいF1エンジンに対応するために、現在のMCL35シャーシに変更を加える必要がある。

「メルセデスのF1パワーユニットを2021年のレギュレーションのために新車に統合することを計画していたので、それ我々にとって計画の変更となる。明らかに今は状況が異なっている」とマクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは述べた。

FIAは、マクラーレンが2020年シャーシに新しい電源ユニットに適応させる方法に制限を課している。

「このパワーユニットを現在のマシンにどのように組み込むことができるかという点で制限があるのは確か」とアンドレアス・ザイドルは説明した。

「我々はFIAと、彼らが非常に注意深く監視することに同意した。メルセデス性パワーユニットを取り付けるために絶対に必要な変更のみを許可されている」

「彼らは、それによってパフォーマンスがさらに向上しないようパワーユニット周囲の他の領域に触れないように注意深く監視することになる」

アンドレアス・ザイドルは、マクラーレンは2021年のルールを延期することによってコストを削減するために必要な制限を受け入れることを認めた。

「我々は完全に理解し、これに同意した。結局のところ、全体像を見る必要があるからだ。それは我々が同意しなければならないことであり、我々は現時点で行われているこの凍結をサポートしている。なぜなら、それによって今年のすべての人にとって最大のコスト削減が保証されるからだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / メルセデス / FIA