マクラーレンF1、ドライバーの給与カット&従業員の一時解雇を実施
マクラーレンF1チームは、新型コロナウイルスの危機の最中、従業員およびドライバーのカルロス・サインツとランド・ノリスの給与カット、および従業員を一時解雇した最初のチームとなった。

マクラーレンは、F1チームの一部のメンバーを一時解雇し、仕事を続けている人の給与は減額される。カルロス・サインツとランド・ノリスは、他のスタッフと同じ給与カットに同意した。

F1チームは、進行中の新型コロナウイルスのパンデミックの中で自分たちを保護するための最善の方法について話し合っている。引き起こされる不確実性によってチームが財政的にどのように影響を受けるかについての懸念が高まっている。

マクラーレンはその後、短期的にスタッフの仕事を保護するための措置を講じる最初のチームになることによって行動することを決定した。

マクラーレンはスタッフの数を明らかにしてはいないが、チームは会社全体でプロセスを開始したことを確認した。

マクラーレンの広報担当者は、「マクラーレン・グループは、Covid-19パンデミックの事業への影響により、より幅広いコスト削減策の一環として、一時的に多数の従業員を一時解雇しています」と述べた。

「これらの措置は、景気が回復したときに従業員がフルタイムの仕事に戻ることを保証するために、短期的に仕事を保護することに焦点を当てています」
この動きは、英国政府が最近、新型コロナウイルスの雇用維持制度を導入したことで実現した。これにより、企業は月額2,500ポンドまでの労働者の賃金の80%をカバーする助成金を請求することができる。

他の英国を拠点とするチームは同様の措置を発表していない。現在、7つの英国のF1チームすべてが政府の要請に対応しており、主要機器の不足の中で人工呼吸器を含む救命医療機器の開発と製造を支援している。

現在、F1チームは新型コロナウイルスのパンデミックによる中断により、柔軟な3週間のシャットダウン期間を実施している。2020年のF1世界選手権のスタートが遅れ、最初の8レースが延期またはキャンセルされている。

シーズンをいつ開始できるかはまだはっきりしていないが、F1はまだ15~18戦の世界選手権を開催できることを望んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン