F1:マクラーレン、サウサンプトン大学と提携して医療保護具を開発
マクラーレン・グループは、自動車部門と応用技術部門の専門知識を活用して英国での新型コロナウイルス救済活動を支援している。

マクラーレンのエンジニアは、サウサンプトン大学と提携して、新型コロナウイルスの患者を治療するNHS医療スタッフ向けの保護具を開発している。

「サウサンプトンで開発された初期段階のプロトタイプは、着用者の頭を覆う布製のフードで構成され、プラスチック製のバイザーと一体化して顔を保護する」とサウサンプトン大学の声明は述べた。

「小型のポータブルユニットは、ベルトに取り付けられたバッテリー駆動のファンパックからHEPAフィルターを通して着用者にきれいな空気を送る」

「プロトタイプは既製のコンポーネントを使用しており、病院での最初のデモンストレーションで医師、看護師、患者から肯定的なフィードバックを受けている。今週、医師と看護師は病棟で日常業務の中でプロトタイプをテストし、快適さと使いやすさのフィードバックを提供する」

「テストが成功し、プロトタイプが必要な安全認証を取得した場合、コンセプトはオープンソースで公開され、世界中の他のメーカーや組織が利用できるようになる」

「チームのエンジニアは、開発途上国で利用可能なコンポーネントのみを使用し、より単純なプロトタイプの開発も調査していく」

サウサンプトン大学呼吸器内科教授のポール・エルキントンは、医療スタッフを安全に保護することの重要性を強調する。

エルキントン教授はまた、「医療スタッフの感染のリスクを最小限に抑え、他の人々を治療できるようにパンデミックの最盛期に病気にならないようにしなければならない」とポール・エルキントンは語る。

「エンジニアリングチームは、シンプルで効果的なものを早急に開発した。HEPAフィルター処理された空気は粒子状物質の99.95%を除去し、フェイスマスクは水しぶきから保護するため、これにより感染のリスクが軽減されると考えている」

英国と拠点とする7つのF1チームは、イギリスの新型コロナウイルス感染者の治療に必要な人工呼吸器の製造を支援するために“プロジェクト・ピットレーン”として、団結した取り組んでいる。

今週、メルセデスは、UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)と協力して、人工呼吸器を必要とせずに肺に酸素を供給するCPAP(持続陽圧呼吸療法)の最初のプロトタイプを製造したことを発表している。

マクラーレン F1 医療保護具

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン