マクラーレン 「計画通りに2021年にメルセデスのF1エンジンを搭載する」
マクラーレンF1チームは、2021年にむけてシャシー設計が凍結されるにも関わらず、2021年にメルセデスのF1パワーユニットに切り替える計画を進めていくことを確認した。

新型コロナウイルスの世界的な大流行によるF1チームの強制的なシャットダウンと財政的な圧迫に対応するために、F1は2021年に導入を予定していた大幅な技術規則の変更を1年延期することを決断した。

さらに、現在の2020仕様のシャシーとギアボックスの設計は、さらにコストを抑えるために2021年に凍結される。

これは、延期が決まった新しい技術規則の変更に合わせてメルセデスのF1パワーユニットを使用する契約を結んだマクラーレンにとって問題のあるシナリオであると予想されている。しかし、マクラーレンは、計画通りに2021年からメルセデスのF1パワーユニットを使用すると語った。

「計画どおり2021年にメルセデスエンジンを使用し、現在のベースシャーシにそれを搭載します」とマクラーレンはF1公式サイトに語った。

現在、マクラーレンはルノーのF1パワーユニットを使用しており、メルセデスへの切り替えによって、ルノーは自身のワークスチームのみに供給することになる。

マクラーレンは、3年間の不振に見舞われたホンダとの悪名高い決別の後、2018年にルノーと提携した。ルノーとの最初のシーズンは劣悪だったが、2年目となる2019年は大幅な改善を果たし、コンストラクターズ選手権で4位を獲得している。

マクラーレンにとってメルセデスとは2期目の時代となる。メルセデスがF1チームとして参戦してカスタマーに成り下がったことでホンダとの契約を選ぶことになったが、1995年から2014年の間にマクラーレン・メルセデスのパートナーシップは大きな成功を収めている。

マクラーレンはメルセデスのF1パワーユニットにどのように対応するのか?
シャシーのデザインは凍結されるが、マクラーレンはF1パワーユニットをマシンの範囲内に収めるために変更を加える必要がある。

内燃エンジンはモノコックシャーシーと組み合わせてマシンの構造的な一部であるため、これらの変更は安全上の理由で行うことができる。

また、使用する新しいパワーユニットとギアボックスの組み合わせは、ウィッシュボーンとトラックロッドのピックアップポイントが異なるため、マクラーレンは2021年のリアサスペンションコンポーネントも再設計する必要がある。また、メルセデスのコンポーネントに適切な量の冷却を供給するためにボディワークを変更する必要もあり、空力的な変更も強いられる可能性がある。

現在、ルノーとホンダのF1エンジンを搭載しているチームは、エンジンの吸気口の上に冷却コンポーネントの一部を取り付けている。これにより、エンジンカバーが大きくなりますが、サイドポッドをよりしっかりとパッケージ化できる。

メルセデスとレーシング・ポイントは、インテークの上にマウントしていないが、同じメルセデスのF1エンジンを搭載するウィリアムズは現在そうしている。その点で、マクラーレンは、あまりにも多くの大規模な変更を行うことなく、2021年までパッケージ哲学を継続できる可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / メルセデス