マクラーレン、技術規則の2022年への導入延期でF1エンジンに問題
マクラーレンは、2021年に導入が予定されていた技術規則の導入が2022年まで延期されたことでF1エンジンに問題を抱えることになった。

F1チームは3月19日(木)にビデオ会議を実施し、新型コロナウイルスのパンデミックとそのF1への影響について議論。その場で現在のレギュレーションを2021年まで適用し、2021年に導入を予定していた技術規則を202年まで延期することを発表した。

これにより、F1チームは空力開発を許されるものの、2021年も2020年シャシーを使用する必要がある。特に今年のレース数が減少してF1チームへの収入が減少する可能性がある場合、F1チームの経済的負担が軽減されることが期待されている。

しかし、来期も2020年シャシーを継続使用することはマクラーレンにとって興味深い挑戦を引き起こすことになる。マクラーレンは2021年からルノーからメルセデスにF1エンジンを切り替えることになっている。

各メーカーのF1パワーユニットのアーキテクチャーは非常に異なるため、現行シャシーの設計でルノーからメルセデスにF1エンジンを入れ替えるのは簡単なことではない。

マクラーレンは、2021年に新しい技術規則が導入されることを見据えて、メルセデスのF1エンジンへの切り替えを決定した。さらに2021年に導入予定だった予算上限を含めた財政規則は予定通り施工される。2020年F1マシンでメルセデスが機能するように変更することでコストに影響が出てくる可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ルノー / メルセデス