マクラーレン、フェルナンド・アロンソのF1チームへの復帰は除外
マクラーレンは、フェルナンド・アロンソのF1チームへの復帰を除外している。

世界3大レースでのトリプルクラウンを目指すフェルナンド・アロンソは、アンドレッティ・オートスポーツから2020年のインディ500参戦を目指したが、F1時代に関係がこじれていたホンダがそれを拒否。最終的にマクラーレンが3台目のマシンをエントリーさせることが参戦が実現することになった。

「フェルナンドをインディア500のサードカーで走らせることには常にオープンだと言ってきたので、彼が我々に加わることに決めたことを喜んでいる」とマクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは

2018年以降にマクラーレンとF1を離れた38歳のフェルナンド・アロンソは、2021年にスポーツに復帰することを検討していると語っている。

フェルナンド・アロンソは“マクラーレンとの特別な関係”を維持していることを主張してるが、彼はチームのアンバサダーとしての役割を終えている。

「インディ500のオプションを検討することは僕にとって重要だったけど、マクラーレンは常にそのトップだった」とフェルナド・アロンソは語った。

「マクラーレンと特別な関係を築いている。僕たちは多くのことを共にしてきた。それが絆、強い忠誠心を作り出している」

しかし、マクラーレンは、F1でフェルナンド・アロンソと再会することに興味はなく、2021年にカルロス・サインツとランド・ノリスとの契約を延長する方向に向かっているようだ。

フェルナンド・アロンソが、マクラーレンF1チームのウィッシュリストに載っているかどうか尋ねられたザク・ブラウンは「いや、今の我々は異なる場所にいる」とコメント。

「それは彼を反映したものではない。我々には一緒にうまく仕事をしている非常に速い二人の素晴らしい若手ドライバーがいる。今の我々たちにはリズムがあるし、それを妨げたくはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / フェルナンド・アロンソ