マクラーレン、2020年F1マシン『MCL35』の製造過程をチラ見せ
マクラーレンは、2020年F1マシン『MCL35』の製造過程の画像を少しずつ公開している。

昨年、コンストラクターズ選手権で“ベスト・オブ・ザ・レスト”となる4位を獲得する大躍進を遂げたマクラーレン。2020年F1マシンは、トロロッソから加入したジェームス・キーがゼロから関わるマシンとなる。

マクラーレンは、チームの公式TwitterでMCL35の製造過程の画像を少しずつ公開。まだクラッシュテストの合否や発表日は明らかにしていないが、『MCL35』は昨年マシンと同様にチームの伝統カラーである“パパイヤオレンジ”を纏うことが明らかになっており、画像でもオレンジの要素が確認できる。

また、塗装にはレッドブル、ルノー、フェラーリが採用する艶消し塗装が施されるとの噂がある。

マクラーレンは2020年もカルロス・サインツとランド・ノリスのドライバーラインナップを継続。すでに二人はMCL35でのシート合わせを完了させている。

マクラーレン MCL35 ①マクラーレン MCL35 ②マクラーレン MCL35 ③マクラーレン MCL35 ④

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1マシン