マクラーレンF1 「ランド・ノリスは完成されたドライバーへと成長した」
マクラーレンのF1チーム代表アンドレアス・ザイドルは、ランド・ノリスが2019年シーズン後半に“完成されたドライバー”になるための礎を築いたと信じている。

今年、マクラーレンからF1デビューを果たしたランド・ノリスは、予選でチームメイトのカルロス・サインツを11-10で破り、最近では、FIA会長のジャン・トッドがランド・ノリスを次世代のルイス・ハミルトンと命名するなど、F1界で高い評価を受けている。

アンドレアス・ザイドルは、シーズン後半戦のランド・ノリスの“完成されたドライバー”へと成長していく姿を称賛した。

「ルーキーであるランドにとって、彼がシーズン中にそれを構築していたことは明らかだ」とアンドレアス・セイドルは RACER に語った。

「彼はメルボルンですぐに速さを示した。初めての予選に臨み、Q3で終えた。それは彼を起用したことが正しい選択であることを証明し、彼の才能を示した」


「同時に、経験を積み上げ、レースでますます攻撃的になるために時間をがかかるのは普通のことだ。特にレースのスタートでは、シーズン序盤にコンサバティブだった。経験を積むためにレースをフィニッシュすることが重要だからね」

「その後、後半から彼は完成されたF1レースドライバーだった思う。スタート、レースの内容は印象的だった。彼は技術的な問題などによって少し不運だったが、何度も大きな成果をもたらした。」

ランド・ノリスの2020年の目標は、マクラーレンのコンストラクターズ選手権のためにポイントを追加することとなる。

カルロス・サインツはドライバーズ選手権でランド・ノリスの49ポイントと比較して96ポイントを獲得してランキング6位でシーズンを終えたが、アンドレアス・サイドルは2019年に二人のドライバーは異なる責任を負っていたと主張する。

「カルロスの側では状況は少し違っていました」とアンドレアス・セイドルは語る。

「彼はチームとは初めてだったが、すでに他のチームである程度の経験を積んでいた。そのため、昨年の最初のテストから、エンジニアとともにマシンの開発を支援し、明確な方向性を示すことが重要だった」

「予選とレースの両方で、シーズン全体を通してそのレベルにいた。彼が獲得し​​たポイントの数が結果を物語っている」

「また、カルロスに関しては、技術的な問題でポイントを失ったレースもあったことを念頭に置かなければならない」

「例えば、予選の結果を見て、11-10(ノリスに有利)という結果は、純粋にトップの速いドライバーが2人いることを確認することなので、私にとっては素晴らしいことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ランド・ノリス