マクラーレン、2020年に完全に新しいF1シミュレーターを導入
マクラーレンF1チームは、2020年に完全に新しいシミュレーターを導入する。

2019年をコンストラクターズ選手権4位で終えたマクラーレンは、新F1チーム代表のアンドレアス・ザイドルとトロロッソから加入したテクニカルディレクターのジェームス・キーという布陣で継続的に組織の見直しを行っている。

マクラーレンはかつては最先端のF1シミュレーターを備えていたが、ジェームス・キーは技術の進歩を踏まえれば、新しいバージョンのF1シミュレーターの開発が必須だったと語る。

「新しいドライバー・イン・ザ・ループシミュレーションがある。これまで使用してきたものとは大きく異なる」とジェームス・キーはコメント。

「F1シミュレーターはマクラーレンがずっと前に開拓したプロジェクトだ。だが、今ではその世界も動いていることが認識されているし、チーム内の大きなプロジェクトだ。来年には導入されることを期待している」

「完全に新しいシミュレーターだ。実際、かなりのものだ。もちろん、数年前に導入したものを大きくベースにした現在のシミュレーターに敬意を表すれば、今でも非常に有益なツールであり、仕事を果たしている。長い間非常に効果的だった。しかし、技術は進歩している。今では大部分のチームが第1世代さらには第2世代のF1シミュレーターの限界について理解を深めていると思う」

「その結果、第3世代は実際にはまったく異なる動物であり、それらに使用されるテクノロジーは非常に新しく、非常に異なっている。したがって、このプロジェクトは完全にフレッシュなスタートだ」

マクラーレンの第3世代のF1シミュレーターに求められている改善について質問されたジェームス・キーは「マシンのモデルの適切な表現と処理の高速化だ。それによってより多くのディメンションを追加することができる」とコメント。

「マシンの特徴は多次元だ。以前に用いられていたエアロマップは曲線のセットがあり、表面的なものだったが、今では豊富な種類の面があらゆる形で相互作用している。タイヤでも同じだ。エンジンの特定の側面も同じだし、サスペンション面でも同じことが言える」

「そして、処理能力が向上すればするほど、これらの効果を組み合わせて、クルマの機能をよりうまく再現できるようになる。年々、その部分は増加しており、より多くの数学を組み合わせ、より代表的なモデルを生み出せるようになっている」

「その組み合わせにより、すべてのチームが、ドライバーがマシンを再現するために本当に必要とするものをより理解していると思う。シミュレーターでは持続的なGレベルを生成できない。クルマが何をしているかをより正確に示す必要が出てきている」

「以前のシミュレータは、あるケースには非常に強く、他のケースには弱いと部分があった。そのため、それらの弱点に対処し、改善している。

「つまり、最終的には、マシンの全体的な表現を向上させるが求められる」

近年、マクラーレンでは、フォーミュラEドライバーのオリバー・ターベイ、F2ドライバーのセルジオ・セッテ・カマラ、World's Fastest Gamerのウィナーであるルディ・ファン・ビューレンなどがシミュレータードライバーとして貢献してきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン