マクラーレン、メルセデスとのF1エンジン契約に合意との報道
マクラーレンは、2021年のF1世界選手権からメルセデスのF1エンジンに切り替えることで合意に達したと BBC Sport が報じた。

マクラーレンは、2018年からルノーのF1エンジンを搭載し、今季はパフォーマンスを大きく向上させているが、優勝争いに返り咲くにメルセデスとの契約を割断したとし、契約は2021年から2024年までの4年契約だと同紙は報じている。

マクラーレンは、2005年から2014年末までメルセデスのF1エンジンを搭載しており、この報道が事実であれば、7年ぶりにパートナーシップが復活することになる。

2010年にメルセデスがワークス復帰したことで、マクラーレンはカスタマーエンジンを搭載することを嫌い、2015年にホンダのF1エンジンに切り替えたが、競争力を発揮できるにわずか3年で決裂している。

マクラーレンは、ルノーとの契約が2020年に期限を迎える。決定は2つの重要な要素に基づいて下されたという。ひとつは、メルセデスがV6ターボハイブリッドエンジンが導入されて以降、一貫してルノーよりも強力だったこと。もうひとつは、メルセデスの方がカスタマーエンジンの料金が安いことだという。

すでにマクラーレンとメルセデスは、エンジン変更についてFIA(国際自動車連盟)に通知しているという。

マクラーレンがホンダとの契約を解消した当時、メルセデスに供給を求めたが同社は拒否。ルノーしか選択肢がなかった。

ホンダからルノーに変更した2018年、マクラーレンはエンジンではなく、シャシー側に問題があることが露呈。コンストラクターズ選手権を6位で終えたが、終盤にはフィールドで2番目に遅いクルマだと認識されていた。

その後、組織を大規模に再編成。今シーズンは大きな前進を果たし、6レースを残して、メルセデス、フェラーリ、レッドブルに次ぐ、コンストラクターズ選手権4位につけている。ルノーのF1エンジンも今季は改善を果たしているものの、信頼性に苦労している。

2021年にマクラーレンがメルセデスにF1エンジンを変更すると、ルノーのF1エンジンを搭載するチームはワークスチームだけとなる。

メルセデスは、ワークスチームに加え、レーシングポイントとウィリアムズ、そして、マクラーレンに供給。フェラーリは、ワークスチームに加え、アルファ・ロメオとハースに供給している。ホンダは、レッドブルとそのジュニアチームのトロ・ロッソに供給している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / メルセデス