F1 マクラーレン インディカー
マクラーレンは、インディカードライバーに“成功する見込み”がある場合、来シーズンにF1マシンをテストするチャンスを与えることを検討している。

マクラーレンは、2017年にアンドレッティ・オートスポーツとインディ500に参戦して成功を収めたが、今年はマクラーレン・レーシングとしてエントリーして予選落ちを喫したことを受け、来年からは『アロー・マクラーレンSP』とインディカーにフル参戦することを決断した。

今季、マクラーレンはF1でパフォーマンスを改善しており、CEOを務めるザク・ブラウンは、インディカーとの2つのレースプログラムが相互に利益をもたらすことを期待している。

2つのプログラムを実施することでF1チームにインディカーを乗せる計画はあるかと質問されたザク・ブラウンは「現在、我々にはF1のルーキーテストの義務を負っているルーキードライバー(セルジオ・セッテ・カマラ)がいる」とコメント。

「我々のインディカードライバーにF1で成功するチャンスがあると感じれば、確かにそのドライバーをルーキーテストに参加させることを検討するだろう」

「それはF1とインディカーの活動を組み合わせたエキサイティングな部分のひとつです。特に我々は予算上限を検討しており、F1は変わろうとしているので、ドライバー、エンジニアにとってチャンスが生まれます。リソースを展開するにはさまざまな方法がある。

「だが、特にドライバーについては、F1チームが使用できるという点で答えはイエスだ」

マクラーレンのインディカーへのフル参戦は、アロー・シュミット・ピーターソン・モータースポーツと連携して行われる。共同オーナーのサム・シュミットは、既存のドライバーであるジェームス・ヒンチクリフの2020年の契約をサポートするとしているが、まだドライバーは確定していない。

だが、アロー・マクラーレンSPは、ホンダからシボレーにエンジンを切り替えることになり、ジェームス・ヒンチクリフの個人的なホンダとのコミットメントと衝突することになる。そのため、マクラーレンにとってはドライバーラインナップの一新も選択肢となる。

「我々が発表して以来、あらゆる個人から電話が鳴りやまないのは確かだ」とザク・ブラウンはコメント。

また、サム・シュミットは「最初の目標は、先週の発表を切り抜けることだった。そのあと、電話が点灯して、そのリストを作成する方法を確認し、今週後半に再度会議を開催して、これらの決定やオファーなどを開始するつもりだ」

「そのため、しばらく待ってほしい。だが、発表するまでには数週間かかる」

マクラーレンのF1プロジェクトとインディカープロジェクトのリンクには、F1チームのスポーツディレクターであるジル・ド・フェランも含まれる。ジル・ド・フェランの“主な責任”は米国でのインディカープログラムになる。

ザク・ブラウンは、ジル・デ・フェランが昨年F1チームに参加したとき、マクラーレンが現在完了している新しいリーダーシップ構造への“移行”を支援することが“常に計画の一部”だったと述べた。

「間違いなく彼の主な焦点はインディカーだが、彼は我々のF1チームについての十分な知識を持っているし、2つのレースプログラムが互いに利益をもたらす分野がどこにあるかをわかっている」とザク・ブラウンは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / インディカー