F1 マクラーレン
マクラーレンは、F1のミッドフィールドの最上位の地位を確立させるには低速コーナーでの弱点に対処することが“最優先”だと語る。

マクラーレンの2019年F1マシン『MCL34』は順調な進歩を果たしているが、シーズン開幕以来、ライバルと比較して低速コーナーでのパフォーマンス不足が認識されている。

マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、チームはクルマのあらゆるエリアを改善するためにプッシュしているが、低速コーナーでの不足分が主な焦点だと語る。

ホッケンハイムの後にF1ハンガリーGPが開催されるハンガロリンクは多くの低速コーナーがあるが、その問題に対処することはどれくらい優先順位が高いかと質問されたアンドレアス・ザイドルは「そこは我々の弱点の一つだ」と Autosport にコメント。

「そこは我々が投入しているアップデートで対処し続けているものだ。もちろん、あらゆるエリアで全体的なパフォーマンスが向上させることに加えて、優先順位が高いことだ」

アンドレアス・ザイドルは、マクラーレンは中・高速コーナーは改善しているが、上位マシンとのギャップを埋めるにはクルマのあらゆる面でパフォーマンスを向上する必要があると語る。

「それぞれの練習、予選、そしてレースでのクルマの自然な理解を深めている。弱点を解決し、弱点に対処するために開発へインプットを与えている」とアンドレアス・ザイドルはコメント。

「しかし、同時にそれは全体的なパフォーマンス作業と並行している。上位勢とのギャップがまだ巨大であるのは事実であり、それは我々が改善する必要があるエリアが特定のひとつのことではないということを示している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン