F1 マクラーレン フェルナンド・アロンソ
マクラーレンとフェルナンド・アロンソは、関係を解消したとの報道を揃って否定した。

フェルナンド・アロンソは、昨年限りでF1を引退したが、マクラーレンのアンバサダーとしてチームとの関係を維持していた。しかし、今年のインディ500での予選落ちという結果が両者を関係解消に至らしめたと報じられていた。

マクラーレンは、2019年にこれ以上F1のテストセッションに参加しないことを明言しており、広報担当も「彼はモータースポーツの他の機会を自由に追求することができます。我々は彼がそうすることをサポートします」と語り、報道は事実かと思われた。

しかし、マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンはそのような事実はないと否定した。

「我々はまだフェルナンドと強い契約上の関係を築いている。それは間違いない」とザク・ブラウンは AP通信 にコメント。

また、AP通信の記者ジェナ・フライヤーも彼女のTwitterでマクラーレンとフェルナンド・アロンソの立場を明確にした。

「関係は何もかわっていない。マクラーレンとフェルナンドは継続的かつ契約上の関係にある」と彼女はさらなる声明を投稿。

「フェルナンドはマクラーレンのアンバサーダのままだ。この時点でマクラーレンもアロンソもインディ500に再挑戦する決定はしていない」

フェルナンド・アロンソも、自身のソーシャルメディアでマクラーレンとの関係解消の報道に触れ、“エイプリルフールの時期ではないはず”と笑う絵文字をつけて投稿した。

世界3大レースでの“3冠”を目標にしているフェルナンド・アロンソは、ル・マン24時間レースを2連覇して今期限りでトヨタWECチームを去った。アロンソは、ダカールラリーのようなさらに大きなモーターレースに挑戦に乗り出す意思があることを示唆している。

「昨年、誰もが僕が競争力のあるクルマを持っていたらF1を去らなかっただろうと言っていた」とトヨタのWECチームを去るという決定についてフェルナンド・アロンソは説明。

「でも、今僕は各レースで1位と2位を獲得できる競争力のあるクルマのに離れる」

フェルナンド・アロンソが、トヨタのパートナーシップの延長上としてダカールラリーに参戦という計画は“非常に進展している”と報じられている。すでにアロンソはダカール優勝マシンであるハイラックスでテストを済ませている。

一方、F1に復帰する可能性について薄れてきているようだ。たとえフェラーリのようなトップチームのシートが空いたとしても。

「続けないという決してからモチベーションは変わっていないし、まだ残っている」とフェルナンド・アロンソは Instagram で投稿

「競争することができ、他の分野で勝利を目指すことは、僕を今までになかったレベルに到達させてくれる」

また、フェルナンド・アロンソは今週スペインのメディアに次のように語っている

「戻りたいと思えば戻るかもしれない。でも、ダカールや他のカテゴリーとは違って、僕はF1で証明するものは何もない」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「僕はチームメイトに対して21-0(完璧な予選記録)で引退したけど、それは今までになかったことだ」

「競争力のために離れたのではない。やりたいかどうかだ。僕は不可能なチャレンジに挑んで、それを可能にしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / フェルナンド・アロンソ