F1 マクラーレン ジェームス・キー
マクラーレンは、ジェームス・キーがテクニカルディレクターとして3月25日に加入することを発表した。

2012年にトロロッソに加入し、独創的なマシン設計でグリッドで高い評価を受けてきたジェームス・キーだが、昨年7月にチームを離れてマクラーレンにテクニカルディレクターとして加入することが発表されていた。

しかし、ジェームス・キーは、トロロッソと長期契約を結んでおり、レッドブルは早期にリリースすることを拒否。その後、3者間での対話が行われてきた。

マクラーレンはジェームス・キーが3月25日からテクニカルディレクターとしてチームに加入することを発表。

「マクラーレン・レーシングとスクーデリア・トロ・ロッソは、2019年3月23日にスクーデリア・トロロッソとジェームズ・キー氏が既存の契約を終える前に解除し、彼の立場を解決するための合意に達したことを発表する」とマクラーレンは声明で述べた。

ジェームス・キーは、MCL34の初期の開発段階に携わることはないが、シーズンを通した開発には影響を与えることになるだろう。

ザク・ブラウンは、ジェームス・キーの焦点はMCL35にあると明言する。

「私はジェームが仕事をスタートすることに興奮している。2019年マシンのデビューに影響を与えるのには間に合わないが、シーズンを通しての進歩を助けることは間違ない」

「そして、最も重要なのは、彼がMCL35の“父”となることだ」

マクラーレンは、チーム体制の再編を進めており、昨年はジル・ド・フェランがスポーティングディレクターとして加入。3月25日のジェームス・キーのテクニカルディレクター就任に続き、5月1日には元ポルシェのLMP1チーム代表を務めたアンドレア・ザイドルがマネージングディレクターとして加入する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン