F1 マクラーレン MCL34
マクラーレンが、バレンタインデーとなる2月14日(木)の2019年F1マシン『MCL34』の発表にむけてティザー動画の公開をスタートさせた。

昨年、ホンダからルノーにF1エンジンを変更して表彰台争いを目標にしていたマクラーレンだが、序盤にシャシーの空力面に根本的な問題が発覚したことで開発に行き詰まり、コンストラクターズ選手権6位でシーズンを終えた。

マクラーレンには2019年から元トロロッソのテクニカルディレクターのジェームス・キーが加入するが、2019年F1マシンの設計には関わることができず、『MCL34』は昨年初めにマクラーレンに戻ったパット・フライが開発を主導する。

マクラーレンは、発表に先駆けてMCL34の“チラ見せ”を開始。昨年からマシンにはチームのコーポレートカラーである“パパイヤオレンジ”とブルーの配色が採用されているが、公開された短い動画では、カルロス・サインツとランド・ノリスのカーナンバーのフォントがブルーで掲載されることを示唆している。

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、2019年F1マシン『MCL34』の準備は順調に進んでおり、昨年マシンとは非常に異なるマシンになると主張。今年チームは“良いマシン”を届けられることを期待していると語っている。

「良いクルマが生まれると期待している。オフシーズンの開発は計画通りに進んでいるが、最終的にライバルが何をしているのか、競争がどれくらい厳しくなっているかはわからない」

「2018年とはかなり違ったクルマになるだろう」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | F1マシン