F1 マクラーレン
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、世界的な経済不安によって企業は投資に消極的であり、F1にスポンサーを引きつけるのは“かつてないほど困難”だと語る。

マクラーレンは、2013年末でボーダフォンとの契約が終了して以降、タイトルスポンサーがつかないままでF1を戦っている。さらに2017年末でホンダとのワークスパートナーシップを解消したことで1億ドル(約110億円)以上の負担増となったと考えられる。

最近、ザク・ブラウンはチームの商業面には満足していると述べてる。マーケティングの専門家として多くの契約をまとめてきたザク・ブラウンは、マクラーレンに加入以降、チームの商業的な見通しを高めてきた。2018年には商業的にある程度の成長を果たしたマクラーレンだが、それでも相対的に新しいスポンサーの獲得はこの数年で減少傾向が続いている。

「かつてないくらい困難だ」とザク・ブラウンはコメント。

「企業は長期にわたって投資することに少し神経質になっている。彼らはここで起こったことがどのような意味をもつかよくわからないからだ。それが全てを少し減速させているし、保留パターンに入ってしまっている」

ザク・ブラウンは、世界貿易の議論が長引くなど、世界経済の後退が深刻化していることによって多国籍企業が予算拡大を控えているいると強調する。

「昨年、我々が5つの新しいパートナーを迎えれることができたのは幸運だった。今月、少なくとも2社と新しいパートナーシップ契約を発表する予定であり、順調に進んでいる」

「ストップすることがないのは確かだが、状況は遅くなっているし、世界中で起こっている愚行は助けにはならない」

マクラーレンは、昨年10月にコカ・コーラとスポンサー契約を結んでおり、今後の潜在的なパートナーシップについて協議していることを明らかにしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | F1スポンサー