F1 マクラーレン ザク・ブラウン
ザク・ブラウンは、マクラーレンの衰退の責任は自分にはないと考えているようだ。

かつてF1マーケティングのスペシャリストだったザク・ブラウンは、ロン・デニスの追放、ホンダとのパートナーシップの最中の2017年にマクラーレンに加入した。

ザク・ブラウンは、マクラーレンの現在の苦境は“数年前”に端を発するものだと推測している。

「我々はリーダーシップの一貫性が欠けていたというのが私の要約だ」とザク・ブラウンは El Mundo Deportivo にコメント。

「誰かのことを指摘しているわけではないが、全体的に行われていたすべてのことで集中が欠けていた」

ザク・ブラウンは、その結果としてマクラーレンは貧弱な“構造”に陥り、今年の“競争力のないクルマ”を生み出すことになったと語る。

「現在、我々は回復の道を歩んでいる」とザク・ブラウンはコメント。

「現在、我々はそれら全てのエリアでうまくやっている。だが、人々はコース上で新車を走らせてみるまで、我々が果たした改善を目にすることはできない。今年は最下点だったと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン