F1 マクラーレン ホンダF1 ルノーF1
マクラーレンは、2018年にホンダからルノーにF1パワーユニットを変更するだけでラップタイムは1秒改善するとしている。

マクラーレンは、昨シーズン限りでホンダとのパートナーシップを解消し、2018年からルノーのF1パワーユニットを搭載して表彰台、そして優勝を目指す。

マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、2018年F1マシン『MCL33』の開発はスケジュール通りに順調に進んでいると語っている。

「ホンダとルノーのエンジンは構成が異なるためクルマのリア部分を再設計しなければならなかった。だが、我々は遅れを取り戻した」とエリック・ブーリエは L'Equipe にコメント。

マクラーレン・ホンダが機能しなかった原因のひとつとして、イギリスのマクラーレンと日本のホンダとの“文化”の違いが挙げられている。

マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは「ホンダとは、異なる言語だけでなく、異なる文化に関連したコミュニケーションの難しさについて学んだ」とコメント。

「それは考えを伝えるためにメッセージを翻訳するときだけではない。特に日本人とは、何を言われているのか、そして、いつそれを言われているのかも重要だ」

「ルノーとの最初の技術ミーティングでは、全てをコントロールするのではなく、彼らが何かを理解していない場合には助けるために私はそこにいると主張した。氷を解かす必要があったし、今では両社の全員が満足していると思う」

エリック・ブーリエは、ホンダからルノーにF1パワーユニットを搭載することでラップタイムは1秒速くなるというシミュレーション結果が出ていると語る。

ルノーのエンジンを獲得したことでマクラーレンは再び表彰台にたどり着くことはできるかと質問されたエリック・ブーリエは「適当には少し時間が必要だし、それについて話すのはまだ早い」とコメント。

「我々は唯一のチームではないし、他チームが何をやってくるかはわからない」

「だが、我々はシミュレーションにルノーのデータを導入して、エンジンを交換しただけで、多くのラップタイプを得られることがわかった」

どれくらい速くなるのかと質問されたエリック・ブーリエは「1秒だ」と答えた。

2017年末に実施されたGPS測定では、ルノーのF1パワーユニットは906馬力、ホンダに関しては860馬力と46馬力の差があったと報じられている。

かつてブラウンGPは、撤退したホンダから購入したF1マシンにメルセデスのエンジンを搭載して圧倒的な強さでダブルタイトルを獲得。当時のホンダとメルセデスは50~70馬力の差があったとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ルノー | ホンダF1