F1 マクラーレン ルノーF1 ルノー
マクラーレンは、ルノーのF1パワーユニットを搭載する2018年シーズンに先立ってスポンサーからの関心が高まっており、今後数週間で数多くの新しいパートナーを発表するとしている。

最近、マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、マクラーレン・ルノー時代の初めは多数の異なるパートナーシップを目標にしているため、タイトルスポンサーをつけることは避けたいと説明していた。

ホンダとのパートナーシップで苦戦を強いられた近年、マクラーレンは数多くのスポンサーを失っており、ザク・ブラウンは非難の対象になっていたが、ルノーとの新しいスポンサーにむけて、複数の新しい契約がすでに合意されており、近い将来に発表を予定していると語る。

「スポンサーからの関心は本当に高いし、その関心のレベルは素晴らしいものだ」とザク・ブラウンは RACER にコメント。

「私の長年の経験では、我々は好ましい立場にいる。スポンサーシップは決算までカウントされないので、実際にはどれくらい活動があり、どれくらい多くのゲストを楽しませ、どれくらい多くの適切な企業、適切な人々と話をしているかで感じることだけしかできない。それだけで時間がすぎていく」

「我々は多くの素晴らしいブランドと充実した会話をしている。我々は数社と契約を締結しており、今月それらを発表していく。その全てがみなさんが聞いたことのある企業だ。彼らは、リーダー、成功した有力実業家、素晴らしいセクターといったみなさんがマクラーレンに期待するタイプのパートナーだ。だが、我々にはやらなければならないことがある。クルマの発表をにらんではいないし、クルマにはスペースが残っていない」

ザク・ブラウンは、ルノーへのF1エンジンの切り替えの成果が完全に表れるには時間がかかるとしても、過去数カ月間にわたるスポンサーの関心の中心はルノーへ変更することだったと語る。

「ホンダ時代には売ることは不可能だった。グリッドでの見通しはわかっているし、グリッド後方からプッシュしているようでは売るのはかなり難しい」

「ルノーに移ったとき、即座に『我々はマクラーレン・ルノーのパートナーシップを信じている』との反応があったし、我々が大きな決断の理由のひとつはそこだった。コース上で競争力が必要であるだけでなく、コース外も犠牲になっていた」

「今は再構築のプロセスが始まっているが、それには時間がかかるだろう。去年から物事がうまく進むことはわかっていたし、今では6カ月間取り組んできたスポンサー案件がある。2017年の12月に私がスタートしたときはすでに終わっていたが、我々が決断を下す必要があった理由は、もう少し長く待てば、2018年を失ってしまっていたからだ」

「我々には関係を築くための時間が十分にあったし、もっと多くのことを見ていくことになるだろう。自分たちが望んでいる場所に実際にたどり着くにはあと1~2年はかかると思う。一晩で実現できるようなことではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン