マクラーレン ルノーF1 F1
マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、2018年にルノーから平等な扱いを受けることに懸念はないと語る。

マクラーレンは、ホンダとの3年間の不遇のパートナーシップを解消し、2018年からはルノーからF1パワーユニットの供給を受ける。ルノーは、ワークスチーム、レッドブル、そしてマクラーレンと3チームにF1パワーユニットを供給する。

エリック・ブーリエは、3チームすべてが同じサービスを受けられると確信していると語る。

「それは彼らとの契約で明らかになっていることだ」とエリック・ブーリエはコメント。

「パリティは全員にとって同じだ。それはルノーとの契約で非常に明らかになっている。パーツに同等性を持たせないことはルノーに何も利益はない」

ホンダのF1パワーユニットに問題によって、マクラーレンは今シーズンのコンストラクターズ選手権でわずか30ポイントしか獲得できなかった。

来季からホンダは2017年にルノーのエンジンで53ポイントを獲得したトロ・ロッソとパートナーを組む。

エリック・ブーリエは、ルノーへのエンジン変更の決定が遅れたことにより、マクラーレンがより確立されたレッドブルやルノーに対して不利になるとの見方を否定した。

「我々はスケジュールに対して2週間遅れてエンジンメーカーを変更するという決断を下した。だが、その2週間はほぼリカバーできている」とエリック・ブーリエはコメント。

マクラーレンの2018年の目標についてエリック・ブーリエは「我々はルノーのエンジンを搭載するチームよりも良い仕事をしなければならない」と語る。

「ハネムーンの危険性については学んだ」とエリック・ブーリエは笑う。

「関係を始めるときにはパートナーを知る前に期待を高め過ぎるのは愚かなことだ。我々は今“お互いをよりよく知る”段階にある」

「我々は関係を構築している。前回よりもハネムーンが長く続くことを確実にしていくつもりだ!」

ホンダからルノーへ変更するというギャンプルが成果をあげたかどうかは2月末のプレシーズンテストになるまでわからない。

「我々は組織の微調整を終えている。いくつかのトラックでのクルマのパフォーマンスを見れば、シャシーに競争力があることが示されていることがチームにとって一番のことだ」

製造を開始するときに情報やデータのあらゆる部分を導き出せるように出来る限り長く待ちたいものだ」

「ここまではかなり良いと言うことができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ルノー