マクラーレン ルノー F1
マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、ホンダからルノーにエンジンを変更する2018年がチームの今後にとって重要な1年になると語った。

パフォーマンスと信頼性に劣るホンダのパワーユニットで不遇の3シーズンを過ごしてきたマクラーレンは、2018年からパワーユニットをルノーに変更することを決断。

今シーズン、ルノーからパワーユニットの供給を受けているレッドブルがレースに優勝していることから、マクラーレンはルノーへのサプライヤー変更がパフォーマンス面の大幅な前進につながることを期待している。

また、F1アメリカGP前にはマクラーレンのエースドライバーであるフェルナンド・アロンソの残留が発表され、2018年もストフェル・バンドールンとのコンビが継続される。

ザク・ブラウンは、2018年はペース不足の言い訳できない“重要”な1年になると語る。

「“運命を左右する2と言っていいかどうかはわからないが、我々が望んでいるドライバー、非常に優れたパワーユニット、最高のチームがあり、競争力のあるマシンを造るということに関して必要なリソースが揃っているのは間違いない」とザク・ブラウンはコメント。

「来年は多くの人々が知っている上位を争うチームであることを示すことが非常に重要になる。

ザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソとの新たな長期契約がマクラーレンの今後にとって必要不可欠だったと述べた。

「チームにフェルナンドがいなくなっていたら大きな痛手だっただろう。だからこそ、非常に積極的に、また声高にフェルナンドがチームに必要だと自分たちの思いを訴えてきた。チームに彼がいなければ痛手になっていたのは間違いないし、この結果にとても満足している」

「フェルナンドが発してきたエンジン状況に関する発言について様々な意見があることも知っているが、我々の話し合いは常にコンペティティブでありたいという彼の情熱に関するものであり、我々の利点は常に合致していた。上位で戦えるマシンがほしいと言われた以外に最後通告といったものはなかったし、我々はその目標を共有している」

関連:フェルナンド・アロンソ、2018年のマクラーレン残留を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ルノー