マクラーレン
マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、ランド・ノリス(17歳)はF1にステップアップする準備はできているが、彼の育成を急ぎたくはないと語る。

今年、マクラーレンのジュニアプログラムに加入したランド・ノリスは、先月ハンガリーで開催されたインシーズンテストで初めてF1テストを経験。フェルナンド・アロンソを上回る速さをみせてパドックに衝撃を与えた。

今年、ランド・ノリスはヨーロッパF3選手権に参戦。ルーキーシーズンにも関わらず、チャンピオンシップをリードしており、F1で将来のスター候補に挙げられている。

ザク・ブラウンは、ランド・ノリスはF1にステップアップする準備はできているが、あまりに速い昇格には不安があり、チームは来年F2に参戦させることを計画していると述べた。

「(2018年のF1のために)彼のローンをリクエストしてきているチームはいない。我々の現在の計画は彼をF2に参戦させることだ」とザク・ブラウンはコメント。

「彼はF1でも十分に速いと確信しているが、状況を急ぐ必要はないし、十分な経験を積ませたい」

「彼は間違いなく将来の我々のスターであり、彼を別のF1チームに行かせることは考えていない」

マクラーレンのジュニアドライバーには、ランド・ノリスの他にもF2に参戦中のニック・デ・フリースがいる。

ザク・ブラウンは、ニック・デ・フリースの仕事ぶりとチームへの貢献には満足しているが、彼の将来についての決定は今後数週間でなされると述べた。

「彼は我々のために多くのシミュレーター作業を行っとり、かなりうまくこなしている。我々はまだ来ねのジュニアプログラムを決定していない」

「もちろん、ランドとはサインアップしている。ニックについては現在、エリックが取り組んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ランド・ノリス