マクラーレン・ホンダ F1
マクラーレンのザク・ブラウンは、2018年のF1パワーユニット供給に関して、ライバルであるメルセデスやフェラーリがマクラーレンに手を貸すことを望んでいないとコメント。2018年もホンダとのパートナーシップを継続する可能性を示唆した。

今シーズンの折り返し地点とあった第10戦イギリスGPを終えた時点で、マクラーレン・ホンダはわずか2ポイントしか獲得しておらず、1年落ちのフェラーリ製パワーユニットを搭載するザウバーから3ポイント差の最下位10位につけている。

マクラーレンが、ホンダのパワーユニットの信頼性とパフォーマンス不足に不満を抱いているのは明らかであり、パートナーシップの解消がしばらく噂されている。

その裏で、過去に成功を収めたメルセデスとのエンジン交渉、そして、歴史的なライバルであるフェラーリを搭載するという仰天プランまで浮上している。

だが、マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、特に上位チームであり、エンジンメーカーのメルセデスとフェラーリは、8度のコンストラクターズ制覇を成し遂げてきたマクラーレンがグリッド後方に沈んでいるという状況を好ましく思っていると述べた。

「我々は、レース、そしてチャンピオンシップでの勝ち方を知っているビッグチームだ。大分部のチームは我々の現状を見て残念に思っていると思うが、彼ら(メルセデスとフェラーリ)は我々の現状を見て喜んでいると思う」とザク・ブラウンは Sky Sports にコメント。

「彼らが我々にあまり近づいてほしくないと考えるのは理解できる」

ザク・ブラウンのコメントは、マクラーレンが実際にメルセデスとフェラーリと交渉を行ったことを示しており、2018年のマクラーレンの選択肢は、ホンダと継続するか、ルノーとの契約に狭められたことを示唆している。

マクラーレンの状況は、ルノーからメルセデスにパワーユニットを変更することを目指した205年のレッドブルの状況と類似している。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ザク・ブラウンから「我々が経験したのと同じ映画を見ている」と話していたとコメントしている。

ザク・ブラウンは、ホンダが改善してくれることを信じていると述べ、2018年もホンダとのパートナーシップを継続することになりそうなことを匂わせた。

「我々はホンダと様々なオプションについて話をしている」とザク・ブラウンはコメント。

「我々は最終的にホンダが仕事を成し遂げてくれると考えている。彼らは過去にそうしてきた。我々はもっと速いペースで開発を進めていく必要がある」

「現在、我々は2018年マシンへの取り組みをスタートさせている。夏頃にはどのような構造にしていくかを把握しておく必要があるし、それまで時間はあまりない。ホンダの進捗とともに我々が何をするかを確定させる必要がある」

2015年にF1復帰したホンダと手を組んで以来、マクラーレンはチーム史上最悪のシーズンを過ごしている。そして、スタードライバーのフェルナンド・アロンソが現状に失望してチーム離脱を検討していることも事態を悪化させている。

「我々は競争力が低い状態を続けていくことはできない。マクラーレンはこういう状態で戦うためにレースをしているのではない。もう3年も経ってるし、我々は劇的なパワー調整、もしくは、そこにたどり着くためのさまざまな方法を確認する必要がある」

「我々はフェルナンド(・アロンソ)と同じようにレースに勝つこと、表彰台に上ることを望んでいる。現状ではそれは無理だ。何かを変える必要がある」

フェルナンド・アロンソは、夏休み中に来季の去就を決定するとしており、マクラーレンがいかなる決断を下してもそれを支持するが、できるだけ早く決断してくれることを願うと語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン