マクラーレン ホンダ F1 スペインGP
マクラーレン・ホンダは、厳しい2017年F1シーズンの立て直しを図っているが、今週末のF1スペインGPで大きな変化は期待していないと認める。

ホンダのF1パワーユニットにトラブルが多発しているマクラーレンは、開幕4戦でポイントを獲得できておらず、コンストラクターズ選手権で最下位に沈んでいる。さらにストフェル・バンドーンとフェルナンド・アロンソがそれぞれ1戦をトラブルによりスタートできておらず、完走扱いは合わせ2戦と厳しい状況は続いている。

各F1チームは、ヨーロッパラウンドの開幕戦であるスペインGPにアップデートを投入して状況の改善を目指すが、マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエはマクラーレン・ホンダには大きな変化は起こらないだろうと認める。

「今シーズン序盤のフライアウェイラウンドは、マクラーレン・ホンダにとって簡単なものではなかった。スペインGPでバルセロナ・カタルニア・サーキットに戻ってきて、ヨーロッパラウンドをスタートすることを楽しみにしている」とエリック・ブーリエはコメント。

「我々は、このレースで現状大きく好転するとは思っていない。しかし、ストフェルがソチで完走できたことは、信頼性の問題が指摘される中で自分たちが努力を重ねてきた結果だと考えている。そして、チームにさらにポジティブなことをもたらすサインだと期待している」

マクラーレンは、F1スペインGPでMCL32のボディワークにいくつかのアップデートを投入する。

エリック・ブーリエは、フェルナンド・アロンソの母国レースであるチームにとって重要なグランプリにむけてそれがチームの士気を高めてくれることを期待している。

「他の多くのチームと同じように、このレースを新しいパーツを導入する上でいい機会だと考えている。スペインのファンによる熱狂的な応援を背に、レースを完走して、信頼性が改善したことを見せられることを期待している」

「ヨーロッパラウンドをポジティブな形でスタートできればいいし、情熱的なファンがサポートしてくれるスペインGPはそれにうってつけの場所だ」

関連:2017年 F1スペインGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ホンダF1 / F1スペインGP