マクラーレン F1 ニック・デ・ブリース
マクラーレンF1チームの育成ドライバーであるニック・デ・ブリースが、2017年にGP3からF2へのステップアップを果たすことが発表された。

2014年のフォーミュラ・ルノー2.0ユーロカップのチャンピオンであるニック・デ・ブリースは、WECに参戦するフェラーリのファクトリーチームであるAFコルセのテストを受けていた。

しかし、フェラーリは、ポルシェに移籍した、ジャンマリア・ブルーニの後任としてアレッサンドロ・ピエール・グイディを起用。

ニック・デ・ブリースは、最近GP2から名称変更されたF2にラペックスから参戦し、シングルシーターの道を続けることになった。

オランダ出身のニック・デ・ブリース(22歳)は、昨年冬にラペックスのGP2マシンをテストしていた。

「僕を信頼してくれたラペックスと関係者全員に感謝したい」とニック・デ・ブリースはコメント。

「タフなクルマだけど、僕たちはここで戦う準備はできている」

ニック・デ・ブリースは、ジョニー・チェコットとチームを組む。

GP2、F2への改名を正式発表
GP2、F2への改名を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / GP2 / F2