マクラーレン Speedy Kiwi
今年、オレンジのカラーリングを復活させたマクラーレンだが、もうひとつ復活していものがある。

マクラーレン・ホンダ MCL32のサイドポッドには“Speedy Kiwi”ロゴがひっそりと貼られている。

Kiwi(キーウイ)とはニュージランドに生息する飛べない鳥であり、ニュージーランド人のシンボル、象徴とされている。

チーム創設者のブルース・マクラーレンは、1963年にオートモーティブ・アーティストのマイケル・ターナーにロゴのデザインを依頼。最初はチェッカーフラッグとシングルシーターと一緒にクレストのなかにKiwiはデザインされた。

1967年に再デザインされ、現在の“Speedy Kiwi”ロゴとなる。だが、1970年代中盤からはマクラーレンのF1カーのシャシーから姿を消している。

その後、1981年にフィリップ モリスからロゴをプレゼントされ、それをベースに現在のスピード・ブランドへと変貌を遂げている。

新たなスタートとの位置づけもある2017年。マクラーレンによると、ある種の“イースター・エッグ”としてSpeedy Kiwiのロゴを復活させたという。Speedy Kiwiが復活を祝うロゴになることを期待したい。

マクラーレン:チームロゴの変遷
マクラーレン:チームロゴの変遷

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン