マクラーレン
マクラーレンは、2010年からKERSの開発をフリースケール・セミコンダクター社と共同で行う。

マクラーレン・エレクトリック・システムズとフリースケール・コンダクターは、共同でマクラーレンF1チームのKERSを改善し、フリースケール社は、リードする市販車テクノロジー分野でシステムを浸透させる。

「マクラーレン・エレクトリック・システムズとの共同KERS開発プロジェクトは、自動車テクノロジーの最先端となる」とフリースケール社のスポークスマンであるスティーブ・ウェーンライトは語る。

「自動車用半導体の主要な供給元として、フリースケールは、MESが追及する先進パワートレインコントロール技術とエネルギー効率の良いシステムとの特徴を手助けすることができる」

「F1は、自動車テクノロジーにとって、最もエキサイティングでも最も進展する研究所のひとつだ。MESと共同で開発するテクノロジーが、消費者の利益とエネルギー効率の良いソリューションを歓迎する熱心な自動車顧客にとって、主流となるクルマを探し出せるよう懸命に作業していく」

関連:KERS

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン