マクラーレン MP4-26 前方エキゾースト
マクラーレンは、ヘレスに持ち込んだMP4-26でルノーと同様の前方エキゾーストをテストした。

ドイツの Auto Motor und Sport によると、ヘレスに持ち込まれたMP4-26は、ベルリンで発表されたバージョンとは異なるという。

ルノーは、サイドポッド前に排気口を配置するという独自のコンセプトを採用したR31でバレンシアテストのトップタイムを記録。マクラーレンも前方排気をテストすると噂されていた。

Auto Motor und Sport の特派員によると、ルイス・ハミルトンがガレージから出た際に不思議なことに後方にあった排気レイアウトが消えており、走行を終えたハミルトンのマシンをメカニックがガレージに戻す際に確認したところ、エキゾーストはサイドポット前方にあったという。

「ルノー同様、詳細な写真を獲るのは非常に難しい」と Auto Motor und Sport は述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン