マックス・チルトン
マックス・チルトンは、2013年にマルシャでのF1デビューが確実視されている。

マルシャのニコライ・フォメンコ社長が、2013年のティモ・グロックのチームメイトは「リザーブドライバーのチルトン」だとロシアのジャーナリストに語ったと報じられた。

2012年シーズン、マックス・チルトンは、GP2を4位で終了。

シンガポールGP前にマルシャにリザーブドライバーとして加わり、シルバーストンで開催された若手ドライバーテストに参加。またF1アブダビGPでは金曜フリー走行でグランプリ週末デビューを果たしている。

父親グレアムは、2012年にマックス・チルトンのGP2マシンに大きなロゴを掲載したAonグループの副社長を務めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・チルトン | マルシャ