フェリペ・マッサ 最新情報
フェリペ・マッサは、回復を助けるためにさらに48時間麻酔状態に置かれることをブダペストのAEK病院の担当者が発表した。

フェリペ・マッサは26日の朝に目を覚ましたが、ペーター・バジョ院長は、回復のためにマッサにさらに2日間の麻酔による昏睡状態を維持させると述べた。

ペーター・バジョは、マッサは安定状態で集中治療室にいるが、少なくとも頭蓋骨骨折と脳震盪の手術の結果は安心できると述べた。

「この種の外傷に関して予想されたの通りの結果だ」

しかし彼は、マッサは依然として急性治療期にあると述べた。

ペーター・バジョは、26日に実施されたCTスキャンの結果から、マッサがクラッシュによる神経学的損傷を受けてないと述べた。

ブラジルから駆けつけたマッサの父親ルイス・アントニオが26日病院に到着。またフェラーリのチーム代表ステファノ・ドメニカリもマッサを見舞った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェリペ・マッサ / フェラーリ