フェリペ・マッサ F1 ウィリアムズF1 ロバート・クビサ
フェリペ・マッサは、2018年に誰が自分の後任としてウィリアムズのシートに座ることになるか知っていると述べた。

フェリペ・マッサは今シーズン限りでF1を引退することが決定しており、ロバート・クビサがウィリアムズでF1復帰するとの推測が広まっている。

しかし、フェリペ・マッサの後任候補には、ダニール・クビアト、パスカル・ウェーレイン、セルゲイ・シロトキン、そして、ポール・ディ・レスタの名前も挙げられている。

ウィリアムズは、フェリペ・マッサの後任はまだ決定していないと述べているが、実際にはすでに確定しているのかもしれない。

アブダビで自分の後任候補として誰に100ユーロを賭けるかと質問されたフェリペ・マッサは「すでに誰かはわかっているので、お金を賭ける必要はない」とコメント。

「教えることはできないけどね」

そのウィリアムズの選択には満足しているかと質問されたフェリペ・マッサは「チームにとってベストな選択であることを願っている。でも、僕は去るわけだし、僕にとっては問題ではない」

「僕は満足しているし、チームの健闘を祈っている」

来週、F1アブダビGP後にヤス・マリーナ・サーキットで行われるピレリのタイヤテストでは、ロバート・クビサとセルゲイ・シロトキンが2017年のF1マシンをテストする。

誰がチームメイトになることを望んでいるかと質問されたランス・ストロールは「チームプレイヤーであることが最も重要なことだ」とコメント。

ロバート・クビサについて質問されたランス・ストロールは「会ったことはないけど、誰もが事故前に彼がベストドライバーの一人だったことを知っている」とコメント。

「彼が今どのような状態かについての情報は持っていないけど、最終的にウィリアムズがどのような選択をするか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェリペ・マッサ / ウィリアムズ