フェリペ・マッサ ウィリアムズF1 フォーミュラE
フェリペ・マッサは、F1引退後にフォーミュラEに参戦する意向を持っているようだ。

2016年に一度F1から引退したフェリペ・マッサは、フォーミュラE参戦についてジャガーを含めたと複数のチーム交渉を進めていた。しかし、ニコ・ロズベルグの電撃引退によって、バルテリ・ボッタスがメルセデスに移籍したことで、ウィリアムズに呼び戻されるかたちでF1に復帰している。

フェリペ・マッサの来季以降についてはまだ明らかになっていないが、F1引退後にインディカーに転向することは否定。フォーミュラEが選択肢だと明かした。

F1引退後のプランについてフェリペ・マッサは「フォーミュラEがいいね。いつになるかは分からないけどね」とコメント。

「テストをしたことがある。F1を辞めると決めてから複数のフォーミュラEチームと話をしていた。マシンを見せたかったし、今年の初めにはどういうものか知りたくて、クルマの走りを確かるためにテスト走行を行った」

フェリペ・マッサは、F1とフォーミュラEを比較することは不可能だと主張するが、ポルシェやメルセデス、BMWの参戦が決まっているフォーミュラEの競争レベルや2014年以降の成長ぶりに感銘を受けたと述べた。

「まったく別物なので比較はできない。それでも、競争は競争だし、開発や将来に向けた素晴らしいアイデア、チャンピオンシップの発展ぶりを目にして、おもしろそうだとも思った」

フォーミュラE参戦への関心を明かしたフェリペ・マッサだが、希望はもう1年F1で戦うことだと述べた。だが、今年のウィリアムズはパフォーマンスが一貫しておらず、選択肢を検討しているとフェリペ・マッサは語る。

「あらゆることを分析して来年のオプションを決めなければならない。そのオプションを見て、自分がハッピーになれるものがあれば、どうするか決めるつもりだ。F1でビリになりたくないのは確かだ。F1にいるのであれば、しっかりと仕事ができるようにしたい。それが今後のアイデアだ。どうなるかはそのうちわかるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェリペ・マッサ | フォーミュラE