リオ・ハリアント
インドネシア政府は、リオ・ハリアントが、2016年のF1シートを獲得するために1500万ユーロ(約19億9400万円)を支払う準備ができている。

インドネシアの青年・スポーツ大臣を務めるイマム・ナフラウィは、マノーのオーナーであるスティーブン・フィッツパトリックに手紙を書き、その写真をTwitterに投稿した。

「リオ・ハリアントと彼のマネジメントと議論し、我々はインドネシア共和国の青年・スポーツ省が、リオ・ハリアントがマノーF1チームで2016年F1世界選手権を戦うために1500万ユーロの支払いを保証することを発表でき、嬉しく思っている」

「その支払いは“レースカーとドライバーウェアのブランディングスペースに加え、インドネシアと関連企業を宣伝するためのプロモーション活動”と引き換えに行われる」

22歳のリオ・ハリアントは、今年カンポスからGP2で参戦し、4位でシーズンを終了。また、F1アブダビGP後のピレリタイヤテストではマノーのF1マシンを走らせた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マノー | リオ・ハリアント