パストール・マルドナド
ベネズエラの国営石油会社PDVSAの情報源は、パストール・マルドナドがシートを喪失するとの噂を否定している。

報道によると、汚職スキャンダルと原油価格の下落によって、PDVSAは現ルノーへの支払いが遅れているとされている。

一方、株価が下落しているルノーには、フォルクスワーゲンと同じ排ガス不正問題に直面する可能性が報じられており、PDVSAのようなスキャンダルの最中にある企業との提携を避けようとしているとの噂もある。

これを受け、パストール・マルドナドに代わってケビン・マグヌッセンがルノーのシートに座ると噂されている。

PDVSAの情報筋は「現在、それは憶測に過ぎない」と El Universal 述べた。

「我々は、ロータスと昨年同意された以上の情報は受け取っていない」

しかし、情報源は、ルノーの上層部が今週カラカスで会議を行っていることは不定していない。

「そのような会議は共同での活動を計画するために常に開催されるものであり、変わったことではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: パストール・マルドナド | ルノー | F1スポンサー