パストール・マルドナド
パストール・マルドナドは、F1イギリスGPでのセルジオ・ペレスとの事故に対して罰金1万ユーロ(約100万円)を科せられた。

セルジオ・ペレスは、パストール・マルドナドとの接触に激怒し、FIAに対してパストール・マルドナドに対して処分を下すように要求していた。

しかし、レース後に事故を詳細に調査し、スチュワードはパストール・マルドナドに罰金を科すことに決めた。

スチュワードの声明では、事故はパストール・マルドナドに非があるとし、事故の重大な特性により、パストール・マルドナドに2つのペナルティを科すことを決定したという。

パストール・マルドナドは、セルジオ・ペレスとの事故は故意ではなく、単にコーナーのエントリーでマシンのコントロールを失っただけだと述べた。

「縁石に乗る前だったし、ピットから出てきたあとでDRSを開いていた」とパストール・マルドナドはコメント。

「DRSを開いた状態でブレーキングをして、通常のブレーキングポイント前でさらにブレーキをかけた。原因はタイヤコンディションに対してのコーナーの内側での僕の角度のせいだと思う」

関連:
パストール・マルドナド 「接触はレーシングインシデント」
セルジオ・ペレス、接触のパストール・マルドナドを猛烈批判

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: パストール・マルドナド | F1イギリスGP