ロータス
マレーシアの自動車メーカーであるプロトンは、トニー・フェルナンデスが2011年以降に“チーム・ロータス”の名称でF1参戦することに意義を唱えている。

エアアジア航空のオーナーであるトニー・フェルナンデスは、イギリスの自動車メーカーであるグループ・ロータスとライセンス契約をして2010年から“ロータス・レーシング”としてF1に参戦した。

しかしグループ・ロータスは、来年からARTと提携してGP2に参戦することを含め、独自にモーターレーシング活動を進めている。そのためグループ・ロータスはトニー・フェルナンデスのチームから名称ライセンスを取り戻した。

そのため、トニー・フェルナンデスは、デビッド・ハントから“チーム・ロータス”の名称を買収した。

しかし、グループ・ロータスは月曜日に声明を発表。トニー・フェルナンデスのF1チームを2011年に“チーム・ロータス”と呼ぶことに反対する意向を示した。

「我々がこのブランドの所有者であり、それを保護するために必要なあらゆる処置をとるつもりだ」とナズミ・モハマド・サレー会長は述べた。

「トニー・フェルナンデスには、2011年のF1シーズンでロータス・ブランドを使用する権利はない。我々の許可なくブランドを使用しようという彼の試みに強く反対しており、ロータス・レーシング・チームのスポンサーシップを撤退する予定だ」

プロトンとグループ・ロータスは、トニー・フェルナンデスのF1チームが「ライセンスにあからさまかつ継続的に違反しており、ロータス・ブランドに悪影響を与えた」ため、ロータス・レーシングのライセンスを終了したとナズミ・モハマド・サレーは述べた。

またナズミ・モハマド・サレーは、“チーム・ロータス”という名がたとえデビッド・ハントによって1994年から個別に所有されていたとしても、グループ・ロータスはトニー・フェルナンデスのチームが2011年に“チーム・ロータス”と呼ばれることを許さないと語った。

「(90年代に)チーム・ロータスを獲得するというハント氏の試みは効力がない」

「F1に関連するものを含めた“ロータス”という自動車ブランドのすべてに対する権利の所有者はグループ・ロータスだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム