ロータス マイクロソフト
ロータスは、マイクロソフトと3年間のスポンサー契約を結んだことを発表した。

今回の契約により、2012年開幕戦F1オーストラリアGPからMicrosoft Dynamicsのロゴがロータス E20とドライバーのレーシングスーツに掲載される。

またパートナーシップの一環として、ロータスのエンストン、イングランドの拠点にMicrosoft Dynamicsのシステムが導入され、チームのビジネス面で利用される。

パトリック・ルイス (ロータスF1チーム CEO)
「ロータスF1チームは、ビジネス、そしてスポンサーパートナーとしてMicrosoft Dynamicsを引きつけられたことを非常に誇りに思っている。我々は最近のマネジメント変更期間から“世界的なビジネス変化”のプロセスへと移行しており、ビジネスモデル開発において刺激的なフェーズに突入している。Microsoft Dynamicsは、我々の目標にとって重要なイネイブラーだ。この協力は、F1への“スマート”なプローチを可能にし、ロータスF1チームが包括的なプロセスとKPI運用を実施するための助けとなるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロータス | F1スポンサー