ホセ・マリア・ロペス
ホセ・マリア・ロペスは、2016-2017シーズンのフォーミュラEにDSヴァージン・レーシングから参戦する。

ホセ・マリア・ロペスは、2016-17シーズンのフォーミュラEで、ジャン・エリック・ベルニュに代わってサム・バードとともにDSヴァージン・レーシングのステアリングを握る。

ホセ・マリア・ロペスは、2002年にフォーミュラ・ルノー・イタリアに参戦し、2003年にはフォーミュラ・ルノーV6のチャンピオンを獲得。

ルノーF1のテストドライバーも務めていたほか、2010年のUSF1の参戦発表時にはドライバーとして名を連ねていた。

一時アルゼンチンに戻り母国レースに参戦したホセ・マリア・ロペスだが、、WTCCにスポット参戦するとその速さを示し、2014年、2015年とシトロエンとともにWTCCのタイトルを獲得。今季もシトロエンでランキング首位を走っている。

そして、シトロエンの別ブランドであるDSから、フォーミュラEにも参戦することになった。

「これは、僕にとってとてもエキサイティングな前進で、DSヴァージン レーシングともにフォーミュラEにチャレンジすることをとても楽しみにしている」とホセ・マリア・ロペスはコメント。

「シーズン3のフォーミュラEカーはすでに少し経験しているけど、次のシーズンにチームのみんなと一緒に素晴らしい達成ができる自信がある。フォーミュラE選手権はますます強く、名前も広まっていまけど、昨シーズンチームが素晴らしい成績を遂げたブエノスアイレスに戻ることは、僕にとって特に楽しみだ」

ちなみに、今季までDSヴァージンのドライバーを務めていたジャン・エリック・ベルニュは、チーム・アグリからチームを引き継ぐTecheetah(テチーター)から参戦することが決定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホセ・マリア・ロペス | フォーミュラE