ウィリアムズF1、ローガン・サージェントの2023年の起用を正式発表
ウィリアムズ・レーシングは、ローガン・サージェントが2023年にドライバーを務めることを正式に発表した。

ローガン・サージェントは、2022年のFIA-F2選手権でフィーチャーレースで2勝、2回の表彰台を獲得して148ポイントを獲得て、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出されてランキング4位でシーズンを終了。F1スーパーライセンスの資格を満たした。

ウィリアムズ・アカデミーに所属するローガン・サージェントは、アレックス・アルボンと共に 2023 年シーズンのチームのラインナップを完成させる。アメリカ人ドライバーは2015年以来となる。

ローガン・サージェントは「ウィリアムズ・レーシングとF1で競う機会を与えられたことは大きな名誉であり、夢が叶った」とコメント。

「2021年アメリカGPで初めてチームに加わった日以来、ウィリアムズ・レーシングとドリルトン・モータースポーツのすべての人が僕をサポートしてくれたことに本当に感謝している」

「過去 年間、ウィリアムズ・ドライバー・アカデミーに参加したことで、ドライバーとして成長し、次の章に備えるための重要なプラットフォームが得られた。チームがグリッドを上位に進めようとしているこの旅に参加する準備はできており、興奮している」

ウィリアムズ・レーシングのCEO兼チームプリンシパルであるヨースト・カピートは「アブダビでのシーズン最後のF2イベントに続き、スーパーライセンスの資格を得た後、来年のドライバーとしてローガンを正式に発表できることを嬉しく思う」とコメント。

「ローガンは、アレックスとともに、2023 年のエキサイティングなドライバー ラインナップを完成させる。 2021 年末にドライバー アカデミーに参加して以来、ローガンはシミュレーターでグローブのチームと完全に統合することができ、最近では彼が参加した 4 つのフリー プラクティス セッション中にトラックにいた。彼はフォーミュラで強力なルーキー シーズンを過ごした。彼がF1でステップアップするのを見るのを楽しみにしている。我々は彼と一緒にその旅をサポートするためにここにいる」

ウィリアムズ・レーシングのスポーティング・ディレクターであるスヴェン・スミーツは「我々のドライバー・アカデミーの不可欠な一員となった後、ローガンに来年ウィリアムズ・レーシングのF1に出場する機会を与えることができることは、チームにとって誇りに思う瞬間だ」とコメント。

「アカデミーのドライバーが F1 のシートに座るのを見ることは、他のすべてのアカデミー ドライバーのモチベーションとなり、プログラムとそれが提供するプラットフォームの正当性を示している。我々は彼をコース上で準備するだけでなく、2023年のスタートに向けて彼が可能な限り最高のポジションにいることを確実にするために、コース外でも冬の間に懸命に取り組んでいく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ローガン・サージェント / ウィリアムズ