セバスチャン・ローブ
セバスチャン・ローブは、F1デビューのチャンスがたぶん一回限りだったと考えている

セバスチャン・ローブは、2009年の最終戦F1アブダビにトロ・ロッソから出走することを望んでいたが、FIAからスーパーライセンスを取得できなかった。

しかし、セバスチャン・ローブはトロ・ロッソからのオファーを“受けた”と主張している。

「再びあのようなチャンスを見つけることはもうないかもしれない」とローブは語る。

しかし、セバスチャン・ローブは「もし(シトロエンの)ボスが行かせてくれるなら」もう少しF1のテストをしたいと語る。

セバスチャン・ローブは、F1、GP2、ル・マンを含めたモータースポーツでの経験があるが、FIAが彼にライセンスを発給しなかったことに驚かなかったと語る。

「それを得るためのレギュレーションは非常に厳密だ。僕はレギュレーションに明記されている条件を満たしていない。だから、私はライセンスを得ることができなかったことは論理的なことだ」

「ルールだし、FIAの決定だ。不満はないよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ローブ