F1、FIA会長の買収評価額発言に怒りの抗議文「商業的権利を妨害」
F1の責任者は、F1の評価額が200億ドルに達する可能性があるというモハメド・ビン・スライエムのコメントに反応し、FIA会長の発言は「容認できない」と呼び、彼がスポーツの商業的権利を「妨害している」と非難した。

先週、Bloomberg(ブルームバーグ)の報道によると、サウジアラビアの政府系ファンドが昨年、F1買収の可能性についてリバティ・メディアと協議を行い、200 億ドルの評価額がF1に割り当てられたとされている。

報道によると、リバティ・メディアはこの申し出を拒否したが、サウジアラビアの公的投資ファンドはF1買収に興味を持ち続けていると報じている。

月曜日、モハメド・ビン・スライエムはTwitterでこの報道を取り上げ、F1の評価額が“水増しされた値札”をつけられている懐疑的な見方を示すと同時に、F1のより大きな利益を考慮した“持続可能”な "計画よりも、買収候補者の資金が優先されることを懸念していると述べた。

「モータースポーツの管理者として、非営利団体であるFIAは、F1に200億ドルという水増しされた値札が付けられているとされることに慎重である」とモハメド・ビン・スライエムは書いた。

「買い手となる可能性のある者は、常識を働かせ、スポーツのより大きな利益を考慮し、多額のお金だけでなく、明確で持続可能な計画をを持って来るようお勧めする」

「ホスティング料金やその他の商業コストの増加、およびそれがファンに与える可能性のある悪影響に関して、プロモーターに将来どのような影響があるかを検討することが我々の義務だ」

モハメド・ビン・スライエムの公的な発言はF1の首脳陣には不評で、F1の法務部門が送った書簡は火曜日に各チームに回覧され、FIA会長の干渉に怒りを表明している。

「FIAは、これらの権利の所有、管理、利用を害するようなことは一切しないという明確な約束をしている」とF1は述べた。

「FIA会長の公式ソーシャルメディアアカウントから発せられたこれらのコメントは、容認できない形でこれらの権利を妨害していると考えている」

「F1事業を購入する可能性のある者は、FIAと協議することが求められているが、それは間違っている」

つまり、この書簡は、2000年に遡って当時のFIA会長マックス・モズレーが合意した協定に従って、FIAの役割は規制の問題のみに限定られているため、F1に関連する商業問題には手を出すべきではないという明確かつ非常に直接的な注意喚起だ。

この書簡はFIAに対する重大な警告であり、ベン・スライエムを呼び出し、大統領の公の発言の結果としてF1の評価が打撃を受けた場合、FIAは責任を問われる可能性があることを示唆することで締めくくられている。

モハメド・ビン・スライエムは「FIAの権限の範囲を踏み越え、『上場企業やその子会社の価値についてコメントする個人または組織、特に内部情報を持っていると主張または示唆することは、その企業の株主や投資家に大きな損害を与えるリスクがあり、言うまでもなく、深刻な規制の影響を受ける可能性がある』と述べている」

「これらのコメントがリバティ・メディア・コーポレーションの価値を毀損する程度に、FIAは結果として責任を負う可能性がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / リバティ・メディア / FIA