フラビオ・ブリアトーレ、FOMのアンバサダーとしてF1界に復帰
フラビオ・ブリアトーレは、FOMでプロモーターとパートナーとの関係構築を手助けするアドバイザーとしてF1に復帰することが発表された。

ルノーF1のチーム代表時代にフェルナンド・アロンソのタイトル2連覇という黄金時代を築いた後、悪名高い“クラッシュゲート”スキャンダルで一時はF1回から追放されていたフラビオ・ブリアトーレ。

昨年からF1復帰が取り沙汰され、マネージャーを務めるフェルナンド・アロンソがF1復帰を果たしたアルピーヌF1チームで役職に就くことも噂されたフラビオ・ブリアトーレだが、商業面でF1の成長を支援する役割でF1界に戻ってくることになった。

最近、フラビオ・ブリアトーレは、非公式な立場でサポートを提供してきたが、正式な立場でその役割を継続することになった。

「フラビオ・ブリアトーレは、F1の長年のアンバサダーとして、既存および潜在的なプロモーターやパートナーとの関係を構築する上で我々をサポートし続け、この素晴らしいスポーツを成長させ続けるにつれて、商業およびエンターテイメントのコラボレーションを発展させる」FOMは声明で述べた。

元ベネトンとルノーのボスとして活躍したフラビオ・ブリアトーレ自身もF1復帰を「喜んでいる」ソーシャルメディアに投稿した。

「私が大好きで、私の職業生活の非常に重要な部分であるF1の商業的および娯楽的開発を支援し続けることができることを嬉しく思い、光栄に思う」とフラビオ・ブリアトーレはコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / リバティ・メディア / ルノー