F1代表 「ホーナーとヴォルフの衝突は何の利益ももたらさない」
F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、レッドブルとメルセデスは関係を修復しなければならないと語り、それぞれのF1チーム代表同士の個人的な衝突は「何の利益ももたらさない」と主張する。

レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーとメルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、それぞれのチームとドライバーが戦った2021年のF1タイトルをめぐる激しい戦いに後押しされて、2021年F1シーズン中に論争の的となった関係を築いた。

ライバルのマシンの特定の技術的側面に対するFIAへの公式の問い合わせや当て擦り、個人的な攻撃、またはスチュワードによる物議を醸す裁定へのドライバーの堅固な防御まで、両方のF1チーム代表は、コース内外でライバルの攻撃に対して激しく立ち向かった。

だが、火曜日の夜にイタリアでロレンツォ・バンディーニ賞を受賞した後、2022年の心配事について尋ねられたステファノ・ドメニカリは、敵対的なやりとはF1に有害であるため、来年は関係を変える必要があると語った。

「確実なものと暮らしている人はよく眠れる! だが、我々は多くの疑念を持っており、それらに直面しなければならない。最終的には管理しなければならない問題がある」とステファノ・ドメニカリは語る。

「我々は、レッドブルとメルセデスの回復しなければならない関係を日々評価し、利益をもたらさない我々が見た個人的な衝突を回避する必要がある」

FIA(国際自動車連盟)は、F1タイトル決定戦となったF1アブダビGPで起こった出来事の調査を開始している。

だが、メルセデスF1陣営は、F1レースディレクターのマイケル・マシによる終了間際のセーフティカー期間の周回遅れ車両とリスタートの処理されたかに失望したままであり、FIAの調査がプロセスの変更とより明確な規制につながることを期待していると述ている。

ステファノ・ドメニカリは、彼が代表するF1の商業的権利所有者であるリバティメディアが、シーズン終了の論争を放置したままにしている理由を説明した。

「我々はすでに(FIA)会長と話し合った。我々は彼が直面しなければならない優先事項について話し合った、そこには多くのことがある」とステファノ・ドメニカリは語った。

「しかし、この段階では、非常に過熱したエリアでさらなる論争を引き起こさないように黙秘するのは正しいことだ」

「だが、20億人以上の人々フォローした異常なシーズンに端を発していると言いたい」

「最終戦アブダビGPは2021年に最も人気のあるスポーツイベントだった。これらは我々が誇りに思うべき成層圏の数字だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / リバティ・メディア / レッドブル / メルセデス