2020年のF1世界選手権:最終4戦も無観客…チーム収入に50%の影響
2020年のF1世界選手権の残り4つのグランプリは無観客で開催される予定となっている。

F1の所有者であるリバティ・メディアは、新型コロナウイルスの打撃を受けた2020年のF1世界選手権の第3四半期に1億ドルを超える新たな経済的な損失を明らかにしている。

Auto Motor und Sport によると、このような状況はF1チームにとっても通常のF1からの収入に50%の打撃を与えることになると伝えている。

「問題は、我々は何も分からないままシーズンをスタートしたということだ」とアルファロメオF1のチーム代表フレデリック・ヴァスールは確認した。

「私たちがメルボルンに行ったとき、すでに予算の50~60パーセントが使われていた」

F1は7月になんとかシーズンを開幕したが、新型コロナウイルスのパンデミックが激化するにつれ、無観客の“ゴーストレース”が続いた。いくつか観客を入れたレースが開催されたが、ヨーロッパで再び新型コロナウイルスが猛威を振るってきている。

リバティ・メディアは、トルコ、バーレーン、アブダビで予定されている残りの4レースについて「F1は2020年の残りのいずれレースにおいてもファンを迎えられるとは考えていない」と認めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / リバティ・メディア