F1 2020年のF1世界選手権
2020年のF1世界選手権では、既存の3つのグランプリがカレンダー落ちの危機に瀕している。

F1のオーナーであるリバティ・メディアは、ベトナムとオランダと新たに2020年以降の開催契約を締結。CEOを務めるチェイス・キャリーは、21戦のカレンダーを保つことを望んでおり、既存のグランプリのうち2つの会場はカレンダーから落ちることになる。

最も危機に瀕しているのはバルセロナ(スペインGP)とホッケンハイム(ドイツGP)の2つだ。

スペイン出身のカルロス・サインツは「心配しているか? そうだね。心配している。ホームグランプリを失うのは嫌だからね」とコメント。

ドイツ出身ニコ・ヒュルケンベルグはホッケンハイムウについて「なくなるのは寂しことだけど、カルロスが言ったように僕たちにはどうにもできない」と語った。

上記の2つの開催地に加え、セルジオ・ペレスのホームレースであるメキシコシティでのメキシコGPも存続は不透明のままだ。

「主催者をサポートしようとしているけど、何も聞いてはいない」とセルジオ・ペレスはコメント。

「交渉は継続しているし、アレハンドロ・ソベロン(プロモーター)と彼のチームはレースを維持するために可能な限りのことをやっている。でも、すべてが彼にかかっているわけではない」

「最善を願っている。近い将来、何らかのニュースが出てくると思う」

上記以外にもシルバーストーン(イギリスGP)とモンツァ(イタリアGP)がまだ2020年以降の契約を結んでいないが、基本的には安泰だと考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リバティ・メディア