F1 ファステストラップポイント
F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、2019年に導入したファステストラップポイントが成功しているという明確な指標になったと考えている。

F1中国GPではフリーストップにあったレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーが終了間際にタイヤ交換を行い、ファストテストラップを記録。1ポイントのボーナスポイントを獲得した。

「特に今シーズンにFIAとのパートナーシップに導入されたイノベーションに満足している。レースでファステストラップを記録したドライバーにポイントを付与することは効果が出始めている」とロス・ブラウンは RaceFans にコメント。

「トップ10に入っったドライバーによって記録されている限り、追加なポイントへの誘惑は、レースの最終ステージに少しスパイスを加えるという欲求に駆り立てられていた。特にい順位がだいたい決まっていたときにはめ。中国はまさにそのようにうまくいった」

「トップ6のポジションは多かれ少なかれ決まっていたが、ピエール・ガスリーはルノーのダニエル・リカルドに大量なタイム差をつけており、レッドブルはそのギャップをフリーピットストップのために与えた機会に利用することに決めた。彼らはソフトタイヤに交換するためにガスリーをピットインさせ、ファステストラップを記録させるために彼を送り出した」

「残り2周でタイミングを見て、ガスリーがセバスチャン・ベッテルからファステストラップを奪うために3つすべてのセクターでパーソナルベストを出していくのを見るのは素晴らしかった」

「レース終盤のガスリーがピットインする前にっは、他のドライバーもピットウオールのでチームとオプションについて話し合っているのを聞くこともできました。今日、それが本当にうまくいっていることを確認できた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リバティ・メディア