F1
F1上層部は、将来のF1のレギュレーション変更をeスポーツを用いてバーチャル環境で評価しているとパット・シモンズが語った。

元ウィリアムズの最高責任者を務めたパット・シモンズは、将来のF1の方向性を定義するためにF1の新しいスポーツティング責任者であるロス・ブラウン率いる専門家チームに加わった。

パット・シモンズは、F1は潜在的なレギュレーション変更の有効性を評価するためにeスポーツのバーチャル環境を用いてテストを実施しているとEntertainment&Energy-Efficient Motorsport Conferenceで語った。

「我々はいくつかのレギュレーションをバーチャル環境を利用したいと思っている。そうすることで統計を見ることができる」とパット・シモンズはコメント。

「それによって他の方法では簡単にシミュレートできないことを実施できる」

「今年我々が考えたいくつかの例を挙げてみよう。何年もの間、F1のスターティンググリッドは千鳥状の配置になっている。問題のひとつは、最速のクルマをグリッドに配置するだけでなく、それらを分離することだ。今のようではなく、2台が並んでスタートしていた時代もあった。ロンドンのボードルームに写真がある。モンツァだと思うが、フロントローに4台が並んでいる。それを再びやるにはどうすればいいか? そのようなことを簡単にシミュレートできる」

「我々はeスポーツのグループのところに行き、『みんな見てくれ。グリッドを変更してみよう。20戦やってみよう』と言うことができる。彼らは300kmのレースをする必要はない。我々は最初の数種にしか興味はない。それから何が起こっているかを見極める」

「もっとエキサイティングなファーストラップになるだろうか? 1コーナーで大きな衝突が起こすだろうか? それを実行し、統計を見ることで、我々はそれらの状況を理解することができる。それは我々にかなり規則的に説き勧める持説と証拠に基づいた意思決定の形を与えてくれる」

パット・シモンズは、提案された変更をシミュレートすることの理由として、予選フォーマットがファンやパドックから非難を受けてすぐに変更になった2016年序盤の騒動を引き合いに出した。

「数年前のことを覚えている人もいるだろう。F1に長く関わっていなかった人が予選手順を変更することを良いアイデアだとして、思いつきで実施することを決定した。それは何のシミュレーションも行われていなかった。IQが2倍の少数の人たちは、それを調査して災害になると判断していた。災害なのは十分に確かなことだったが、それでも先に進めて、災害となった」

「どうすればあのようなことになるのだろう? 我々は二度とあのようなことは起こすことはできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リバティ・メディア