ル・マン24時間レース トヨタ
ル・マン24時間レースのチェッカーまで1時間となったところでトップを走行していたトヨタ7号車に立て続けにパンクが発生。首位の座を8号車に明け渡すことになった。

8号車に2分程度のキャップを築いてトップを走行していたホセ・マリア・ロペスがドライブする7号車だが、トップ走行中にスローパンクチャーに見舞われて緊急ピットイン。右フロントタイヤを交換してコースに復帰したが、すぐに再びパンク。

2度のピットインを行って4本のタイヤを交換したが、立て続けのピットインによって2分あったギャップを失い、中嶋一貴がドライブル8号車がトップに浮上。すぐに1分の差が付いた。

タイヤを交換したことでチームは問題は解消したとしているが、ホセ・マリア・ロペスはまだフロントの違和感を伝えている。残り1時間、まだ何が起こるかはわからない。

WEC第8戦 ル・マン24時間 23時間経過時順位(LMP1クラス)
順位No.ドライバー名チーム/車種周回トップとの差
17マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
369
28セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
フェルナンド・アロンソ
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
3691:10.770
311ヴィタリー・ペトロフ
ミカエル・アレシン
ストフェル・バンドーン
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
3636 Laps
41ニール・ジャニ
アンドレ・ロッテラー
ブルーノ・セナ
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
3609 Laps
53トーマス・ローラン
ナタナエル・ベルトン
グスタボ・メネゼス
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
35415 Laps
17ステファン・サラザン
イゴール・オルトツェフ
セルゲイ・シロトキン
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
163リタイア
4トム・ディルマン
オリバー・ウェッブ
パオロ・ルバーティ
バイコレス・レーシング・チーム/
エンソ・CLM P1/01・ギブソン
163リタイア
10ヘンリク・ヘドマン
ベン・ハンリー
レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ
ドラゴンスピード/
BRエンジニアリングBR1・ギブソン
76リタイア
関連:2019年 ル・マン24時間レース | 無料Webライブ配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ル・マン24時間レース