マクラーレンF1のランド・ノリス 「昨年のフェラーリ並みの飛躍が必要」
ランド・ノリスは、F1の大きなルール変更は過ぎたとはいえ、マクラーレンは2021年から2022年にかけてフェラーリが成し遂げたような大きな前進を今シーズンもしなければならないと語る。

昨年、マクラーレンは、第2のグランドエフェクトF1時代の始まりに勝利を収めることができず、ランド・ノリスはF1エミリア・ロマーニャGPで唯一のチーム表彰台を獲得した。

マクラーレンはMCL36に苦戦したことで、アンドレアス・ザイドル主導のリカバリープランの開始以来、初めて競争力を大きく後退させることになった。

2020年のコンストラクターズ選手権で3位につけていたマクラーレンは、新しいシミュレーターと風洞の完成を待つ間にアルピーヌF1チームに次ぐ5位に転落してしまった。

ランド・ノリスは、マクラーレンは、2022年に4勝を挙げ、ランキング2位で終えたフェラーリの冬の成果に匹敵する必要があると考えている。

「それは達成可能だ。彼らがやったことはかなり優れていたと思う」とランド・ノリスはコメント。

「2021年にほとんど僕たちに打ち負かされたところから、勝利を収める場所まで進み、毎週末表彰台を争った…それが僕たちが目指す必要があることだ」

「そのレベルの飛躍を遂げる必要がある。彼らは明らかに運ではなく、新しい時代、新しいマシンを使ったF1の新しいルールセットを最大限に活用し、これまで以上に大きな飛躍を遂げた」

「でも、そのようなことを達成する機会はまだたくさんある。そこに向けて目標を設定する必要がある」

23歳のランド・ノリスは、2024年までマシンの性能に影響を与える新しい風洞の完成を待たずに、チームが著しく向上することを望んでいると付け加え、代わりに、チームが現在のリソースをより有効に活用できると考えていると述べた。

「実際、僕たちはもっといい仕事をしなければならないし、チームももっといいクルマを作るためにいい仕事をしなければならない」とランド・ノリスは語った。

「来年すでに進歩が必要だと思う。それができると信じている」

「適切なエリア、適切な人材など、必要なものは大量に揃っている」

「それはまさにレッドブルやメルセデス、フェラーリに対して言い訳ができないように、同じレベルにまで引き上げるための最後のハードルだ」

「チームは、もっといい仕事をする必要があることを分かっている」

ランド・ノリスは2025年末までマクラーレンと契約を結んでいるが、元チームメートのカルロス・サインツや2018年FIA F2タイトルのライバルであるジョージ・ラッセルがレースに勝つためにフェラーリやメルセデスにキャリアを左右しかねない移籍を行ったことで勝利への焦りが増していることを認めている。

「彼らと同じレベルにいられることを願っている。もちろん、あのバトルに参加できることを願っている」

「僕はあの戦いに参加するに値すと感じている。やれると感じているし、いい勝負になると思っている」

「でも、今の僕の立場では無理なんだ...将来彼らと競争することができるし、彼らがしていることと同じことができるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / フェラーリ / マクラーレン