ランド・ノリス 「ベッテルからはF1レース外でも重要なことを学んだ」
ランド・ノリスは、F1キャリアのなかでセバスチャン・ベッテルのようなドライバーと戦えたことを幸運に思っており、また4回のF1ワールドチャンピオンからコース外で学んだことにも感謝していると語る。

セバスチャン・ベッテルは、モータースポーツの頂点で15年間のキャリアを積んだ後、先月アブダビでF1から引退した。ベッテルの注目に値する遺産は、F1での勝利と同じくい、気候変動、多様性、人種差別などの問題に対する認識を高めるためのコース外での揺るぎないキャンペーンによって定義されている。

ランド・ノリス自身は、個人的なメンタル面の闘争をテーマに発言してきたが、今、コース外の懸念について話すことの重要性と、セバスチャン・ベッテルのような著名なスポーツ選手が発揮できる影響力をより認識していると語る。

セバスチャン・ベッテルの遺産と若い世代へのドライバーに与えた影響について質問されたランド・ノリスは「おそらく最近で最も重要なことの1つは、コース上で何をするかではなく、トラック外の何をするかだと思う」とSky Sport F1に語った。

「多くの点で、僕たちが若者やF1にいる新しい観客に与える影響は、今も同じくらい重要だ」

「僕はF1にいたセブよりもシャイかもしれないけど、学んでいくつもりだ」

「レースについてだけでなく、真実を話し、正直に話し、自分の意見を支持することだ」

ランド・ノリスは、セバスチャン・ベッテルから学んだ教訓を高く評価しているだけでなく、53回のグランプリ優勝者とコースを共有できたことを光栄に思っている.

しかし、トラックを離れても、セバスチャン・ベッテルに触発された23歳のランド・ノリスは、功績が認められた、または彼の心に近いと思われる問題については引き続き声を上げていく。

「F1は最終的にレースをするものなので、発言を批判している人もいると思うけど、同時に、ここ数年セブとレースできたことは幸運だと思う」とランド・ノリスは付け加えた。

「4回のワールドチャンピオン、F1史上最高のドライバーの1人などにおいて、自分がその一員であることを光栄に思う」

「でも、コース外でもセブから学んだことはたくさんある。声を出すことを学ぶ必要があるし、自分が持っている声を使うことがもっと重要だと思う」

「僕は、自分が声を上げられることに対して自分の声を使うことができる。メンタルヘルスは僕が多くのことをしてきたものの1つでだと思いますが、いつでももっとできることがある」

「他にも話したいことはたくさんあるけど、そのうち話が出るだろうし、セブには感謝している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / セバスチャン・ベッテル